掲載:2003年 日経アーキテクチュア2003 9-29号
   2001年 年鑑日本の空間デザイン2000
   1999年 月刊商店建築1999年6月号
賞: 1999年 JCDデザイン賞 ’99奨励賞
   2000年 第6回くまもとアートポリス推進賞選賞
「セカンドサイト」は、熊本市の夜の繁華街の中心地、栄通りにあり、2枚の可動する外壁を持つ。その日の天候やその時の状況で、外壁を開閉することができるのである。外壁を閉じているときはアトリウムは内部であり、それぞれのテナントは有機的につながっているが、外壁を開け放したときアトリウムは外部になり、それぞれのテナントは外部とも一体感を持ち、外の空気を感じるのである。また、この辺りはバーやレストラン、カラオケボックスの飲食店ビルが林立し、さまざまなネオンが交錯する場所であり、その中で外部に向かって屹立した強い印象と存在感を表すために、黒色の安定錆を生成し、ライフサイクルコストや環境負荷の低減などにも貢献するコールテン鋼を外壁に用いた。

another works

Back to Top